TOPへ


Report by [ 大野 誠 ]



村本海事に集まった稚魚放流協力者(一部)


 

10月9日【木曜日】平成26年度黒鯛稚魚放流(15,000尾)が行われました。

週初めは台風18号が関東に直撃。
もしや…と思われましたが本年も晴天。無事に稚魚放流事業を行うことができました。

本年も金沢・野島防波堤の船宿「村本海事」には、有志の黒鯛師の皆さま、野島防波堤海津クラブ様、東京湾黒研メンバーがボランティアで集まりました。

稚魚を運んだトラックが何時来てもいいように準備を始めます。
ですが黒鯛師の悲しい性分、みなさん手際が良すぎるあまりに進行が異常に早く進み、佐藤会長から「まだその準備は速すぎる!」等、苦言を呈されるシーンも見受けられました(笑)



さて、皆さんにお知らせがございます。
J:COM(ジェイコム)さんと聞いてご存知の方もいらっしゃることと思いますが、本年はケーブルテレビ局さんの撮影取材がございました。(放映は当日夕方6時。)



こうしてメディアに取材をしていただけることで、今まで活動を知らなかった方や、黒鯛のヘチ釣り文化への理解が広がるキッカケになります。



J:COMチャンネル南横浜様ありがとうございました。
ちなみに番組名は「デイリーよこはま」でした。

暫くして、神奈川県栽培漁業協会様からのトラックが無事到着。小窓から見える黒鯛の赤ちゃんたちは、昨年より一回り小さいようで、それはそれは可愛らしい姿です。

こちらの発注数に加えて、毎年多くの黒鯛稚魚を寄付してくださる神奈川県栽培漁業協会様には大変お世話になっております。

そんな神奈川県栽培漁業協会様は、こんな活動をされているそうです。「守ろう、育てよう、豊かな海と海洋資源」と題し、稚魚の育成、放流などを目的とした、皆さまからの寄付を募っています。(東京湾黒鯛研究会が募っている稚魚放流資金とは異なります)

興味のある方はこちらのページも是非ご覧になってみてください。 その他にもどうやって稚魚を育てるか?などが写真付きでわかりやすく説明されており、大変興味深いです。

神奈川県栽培漁業協会〜ご寄付・募金のお願い


間もなく横浜の山本釣舟店様が到着します。

いつも横浜でお世話になっている船長様が、村本海事様船着き場にいる不思議な感じ(笑)
稚魚放流ならではの光景ですね。



そして、鳥浜めぐみ竹内船長が到着。
村本海事様船着場が賑やかな雰囲気になってきました。



最後に川崎の長八海運様が到着。

長八さんの帆が後ろの野島橋に当たらないように注意しながら無事到着です。
各船が一同に揃うと、いつも乗っている船にも夫々特徴があって興味深いですね。





稚魚を乗せた各船はそれぞれの堤防へ

 


大切な稚魚を迎え入れる準備を、しっかりと行います




湯浅さん張り切ってます




準備で濡れてしまった地面で子どもが濡れないように




J:COMさんも取材で大忙し




稚魚を積んだトラックが無事到着(今年も派手!)




今年も元気な放流稚魚が届きました




小学生観察用の成魚




観察用エサの準備




観察用エサ




今年もたくさんのご寄付をいただきました。



 





 


バケツリレーのはじまりです



船まで素早く丁寧に
 
いよいよ本年も各船に稚魚を積み込む時間になって参りました。
恒例の「バケツリレー」のはじまりです。

トラックから各船まで稚魚を単純に運ぶこの作業。

でも少し考えてみれば、このバケツに稚魚が入るまでには様々な人の「黒鯛への想い」というものが、正にリレーとなって繋がってきたことと思います。

様々な方の想いを経て、最後の最後に船に運ぶ。

そう想えば一尾一尾が誠に愛おしく、無事にこの東京湾で大きく育って欲しいと願うばかりです。





         





皆さまからの想いのリレー!最後までキチンとつなぎます









今回はビデオがあります。名誉会長・会長のメッセージをご覧ください。
(当会久永氏作成/※J:COM様作成のものではありません。)





今年も元気な地元・金沢小学校一年生がやってきました!





長八海運様が出船し稚魚のトラックが久里浜堤に向かうころ、賑やかで元気な声が野島橋から聞こえてきます。

毎年、課外授業の一環として稚魚放流体験に参加する地元・金沢小学校一年生がやってきました。
みんなかわいい色のバケツを1人1つ持参して、とてもカラフルで可愛いですね。




今年も事前に用意していた「黒鯛成魚4尾」、今回放流する「稚魚」、そして黒鯛がどういうものを食べているのかがわかるカニやツブなどの「エサ」を、それぞれ大きな桶に入れて地元の魚・釣文化に自分の手で触れていただきます。

一年生のみんなが整列をしているときに、年無しクラスの黒鯛が桶から飛び出すハプニングが二回続けてあり、最前列の子どもたちはとってもビックリしていましたね(*゚д゚*)ハッ!!

もっと、言うことを聞かないで困らされるかな〜と思っていたのですが、金沢小学校の一年生のみなさん!とてもしっかりしていて、日頃からとても良い先生方に教育を受けているんだろうなと感心しました。(我が家と大違いです!!)

その後は一人一尾づつ、ボランティアスタッフ監視のもとで桟橋から放流をしていきます。成魚を観察し稚魚を放流することで、生命の尊さを学んでいただけたら。そして大きくなったいつの日か、ここで黒鯛を放流したなあ、なんて思い出して頂けたら嬉しいですね。

 











稚魚も子どもたちも、大きくなあれ!


























































 



放流場所及び放流尾数(放流総数 15,000 尾)

川崎新堤:2,500 協力:長八海運
  ○横浜堤:2,500 協力:山本釣船店
鳥浜パイプ堤:2,500 協力:めぐみ
 ○久里浜堤:2,500 協力:丸清丸
 ○野島防波堤:5,000 協力:村本海事
   
過去20年間累計:212,100尾放流






東京湾黒鯛研究会では、今後も稚魚放流を通して東京湾の黒鯛個体数を増やす活動を行います。

皆さまのあたたかいご協力をお願いいたします。