TOPへ

2015年度:第3回定例大会 長浦堤防群




第2回定例大会 野島防波堤:9月13


      Report by [ 小川 宗良 ]  



2015年最後の例会が千葉の長浦堤防群、こなや丸にて開催されました。

朝から南からの風が吹き、釣り場に向かうアクアラインでは風速表示が12mほどあり、
船宿に到着した時は、強風のため出船が危ぶまれ、早上がりも危惧されましたが、
南風に弱い第3堤防は、風速が上がり、
時化たら第2堤防へ渡り変えするという事でなんとか出船となりました。



長浦沖堤では渡り変えは出来ないので、慎重に堤防の選択をし、
結果、第2堤防11名、第3堤防2名に分かれ渡堤しました。

第2堤防は、渡堤直後、ほど良く下げ潮が効いておりましたが、
南からの風が強く釣りがしにくい状況でした。



船頭さんが第2堤防に渡る一般のルアーマンに声を掛けていただき、
朝の15分だけは第2堤防の内コバを我々ヘチ釣りに優先していただくよう声掛けしていただきましたが、
残念ながら第2堤防ではモーニングはありませんでした。



しばらく雨が強くなったり弱まったりの天候でしたが、10時40分頃に佐藤会長に釣果が…。
そばにいた年間優勝の掛った会員からは「バラせっ!」と心の中で叫んでいたとか…

いないとか…



しかし、後が続かず、スコールのような雨が降り、
午前中で大会終了に変更する事になり、帰り支度をしていると、
仕事で不参加予定の村山幹事が午後より来堤するとの事で、予定通り16時半までの大会となりました。

午後、潮が高くなってきた頃に、数名の会員にアタリがあったものの、釣果までには至らず、
第2堤防はでは全体で1枚のみの釣果となりました。



2名で第3堤防へ降りた2人は、コバと浅場に分かれて攻めましたが、
長浦堤防初めての下道氏が内コバで51cmの大型をモーニングで捕りました。

下道氏は午前中に45cm級をもう1枚追加し、
2枚ともにフジツボで捕ったとのことでした。



午後になり村山幹事が第3堤防に来堤し、浅場のパイプ回りやテトラを攻めましたが、
釣果には至りませんでした。

風が強くなりだし、上潮が動きだした15時頃、内側で時合いとなりバタバタ喰い出し、
カニ餌の底釣りで村山幹事が1枚取り、
そして下道氏がさらにもう1枚追加し3枚目、小川氏は連続バラシ。

16時過ぎの低い方を波が洗い出した内コバで、帰り支度の終わった会員を尻目に、
3枚もバラシていた小川氏が最後にしぶとく1枚を捕り、堤防上がりとなりました。







 

優 勝[大型賞]:下道 衛
45.5cm/1.61kg
51cm/2.05kg
41cm/1.23kg
合計 計3枚

準優勝:
小川 宗良
43cm/1.43kg

3位:佐藤 達夫
38.5cm/1.07kg

4位:
村山 祐介
35cm/0.83kg



例会参加者(順不動)
叶内健雄:後藤 清:秋元誠一:村山 祐介:佐藤達夫:前田宏巳:米山修:湯浅 尅伍:長谷川直也:廣瀬健夫:下道衛:関口真一
:天沼 寛司:小川 宗良